自己紹介「社会保険労務士 北條尚文」

皆さまこんにちは
この度、障がい者の親亡きあと問題相談室ファミリアの社会保険労務士、北條尚文と申します。

社会保険労務士としては企業からのご依頼を受け、厚生労働省管轄の助成金申請代行、社会保険・労働保険諸手続き業務、給与計算業務、就業規則等各種規程の作成、評価制度の作成、個別労務相談対応などを行っております。

社会保険労務士となる以前も障がい者と同じ職場で働いていて、その中で職場から障がい者の方々への理解や、障がい者の労働環境の課題を目にしていて、なにか自分でもできることがないかということを模索していた中でファミリアの活動と出会い、今に至ります。

障害年金の申請に加えて、障がいを持つ方を雇用するということ、その意味と重要性を企業に伝えることを使命にファミリアの中で活動しています。

ファミリアでは主に障害年金の申請代行や企業が障がい者を雇用した際、または障がい者を雇用するに当たり必要な各種設備の設置や規則作り、講習などを行った場合に公的機関から支給される助成金の申請代行を行っていきます。

特に障害年金については、障がい者の生活を支えるための最も重要な、無くてはならない制度である一方、障がい者ご自身が障害年金に該当すること自体をご存知無かったり、たとえ知っていてもその申請手続きの難解さ、煩雑さから不支給、または本来受け取れるはずの等級よりも低い等級の障害年金を受け取ってしまっていたりと問題がとても多い分野です。
年金のプロフェッショナルとして、必要とされている方全員に適切な形で障害年金が支給され、障害をお持ちの方とその家族の方々の生活が少しでも安定・安心したものになり、未来への希望に繋がっていくようサポートさせて頂きたいと思います。

社会保険労務士を含め、弁護士、司法書士など士業というのは特に固いイメージを持たれがちですが、前職での10年以上の接客業経験から人当たりの良さには自信があります。すぐ結論や方法論を押し付けるのではなく、常に相談者様と同じ目線で、同じ位置からスタートして、望むゴールまでしっかり一歩一歩伴走することが自分の仕事だと考えております。難しい問題も決して諦めず一緒に悩んで、問題が解決したときは心から一緒に喜ぶ、そんなパートナーを目指したいと思います。

今後はこちらのブログで障害年金や障がい者雇用に関連した助成金に関する情報を随時更新していければと思っています。
それでは今後とも何卒宜しくお願い致します。

北條社会保険労務士事務所
社会保険労務士
北條尚文

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはお気軽にご相談ください。

無料相談